ご挨拶ご挨拶

富士山コスプレ世界大会実行委員会
委員長 伊東哲生

昨年11月に開催致しました「第4回富士山コスプレ世界大会」は、約1,400名のコスプレイヤーの皆様と約33,000名の観覧者の皆様にお越しいただき、会場である商店街は大変な賑わいを見せ、大盛況のうちに無事終了することができました。

ご参加いただいたコスプレイヤーの皆様、カメラマンの皆様、観覧者の皆様、ご尽力いただきました関係者の皆様のご協力のおかげです。あらためて厚く御礼申し上げます。

第4回大会は、前回大会に引き続き、メインイベントであるランウエイパフォーマンスをはじめ、ステージパフォーマンス、ダンスパフォーマンス、アニソンイベント、人気コスプレイヤー写真展示、痛車の展示などに加えて、人気コスプレイヤーメイクデモ、駿河屋様によるサブカル関連商品の販売などの新しい試みも実施し、参加されたコスプレイヤーの皆様に大いに盛り上げていただきました。

本大会は、過去4回の開催により知名度も向上し、更には静岡市の中心市街地活性化協議会による「まちは劇場プロジェクト」のコンテンツとして、清水七夕まつり、清水みなと祭りと並ぶイベントに加えていただき、運営も本年4月1日から実行委員会組織にてあらためて出発いたしました。

今年も第5回大会を11月18日(土)・19日(日)の日程にて開催します。規模が拡大し、実行委員会組織による運営に移行しても「コスプレイヤーのみなさまに楽しんでいただく場を提供する」という目的は変えず、皆様をお迎えする準備を進めております。

今年はイベントコンテンツの更なる充実やイベントエリアの拡大などを中心に検討しておりますので、是非「第5回富士山コスプレ世界大会(#富士コス)」へお越しください。皆様のご参加をお待ちしております。

先頭に戻る