ご挨拶ご挨拶

富士山コスプレ世界大会実行委員会
実行委員長 伊東哲生

昨年11月に開催いたしました「第7回富士山コスプレ世界大会」は、2日間で約2,200名のコスプレイヤーと約36,000名の一般来場者にお越しいただき、会場である清水駅前銀座商店街は大変な賑わいを見せ大盛況のうちに無事終了することができました。ご参加いただいたコスプレイヤーの皆さま、観覧者の皆さま、ご尽力いただきました関係者の皆さまのご協力のおかげです。あらためて厚く御礼申し上げます。

今年度につきましても「第8回富士山コスプレ世界大会」の開催に向け、準備を進めておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大の中、コスプレイヤーの皆様、ご来場者様をはじめとした関係各位の感染防止に対して十分な対策を取ることが困難であることから、清水駅前銀座商店街をメイン会場としての開催は見送ることといたしました。誠に残念ではありますが、コスプレイヤーの皆様、カメラマンの皆様、観覧者の皆様、商店街の皆様の安全を第一として苦渋の決断となりましたことをご理解いただけますと幸いです。

このような困難な状況の中ではありますが、富士コスを楽しみにしてくださる皆様、応援してくださる皆様に表現の場を提供すること、また、コスプレ文化の醸成を図るためにもイベントとしての火を灯し続けることが、当実行委員会の役目であると考え、関係各所と協議、検討を重ねた結果、会場を屋外の駿府城公園へ変更し、人数制限等の一定の制限のもと、コスプレイヤーの皆さま、ご来場者様をはじめとした関係各位の安全を第一としたうえで、「あきらめない!第7.5回 出張!富士コス in 駿府城公園」を開催する運びとなりました。

イベントの開催にあたっては、国や県、各公的機関等の指針、指導に基づき、十分な新型コロナウイルス感染防止対策を実施いたします。参加者様、来場者様におかれましても、各対策の遵守へのご協力をお願いいたします。

先頭に戻る